日経バイオテクに当社に関する記事が掲載されました

四国核酸化学、ViCLEでオリゴヌクレオチド大量製造の実現目指す

ヌクレオチドセグメントつなげる液相セグメント合成

四国核酸化学(香川県高松市)は、核酸医薬に用いられるオリゴヌクレオチド(核酸オリゴマー)の新たな合成法を基盤技術として、2015年10月に設立されたベンチャー企業だ。2018年10月には、ニッセイ・キャピタルから1億円を調達した。同社の安田崇代表取締役が、2018年11月29日、本誌の取材に応じた。続きは日経バイオテク公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です