信州大学農学部 高谷智英 助教との当社事業に関する契約締結のお知らせ

当社の希少難治性疾患研究者への核酸API無償提供事業に関しまして、信州大学農学部 高谷智英 助教との契約が締結されたことをお知らせいたします。

高谷助教は、健康長寿社会への貢献を研究テーマとして、ロコモティブ・シンドローム (運動器症候群)やメタボリック・シンドローム (内臓脂肪症候群)、横紋筋肉腫について研究されています。

本事業では、希少がんである横紋筋肉腫の研究に用いる核酸APIを無償提供いたします。

高谷助教の研究室サイトはこちら

希少難治性疾患研究者への核酸API無償提供事業とは

アカデミアでの希少難治性疾患研究をよりドライブし、一人でも多くの希少難治性疾患に苦しむ患者さんに対する核酸医薬品による治療を実現するために、NATiASでは、希少難治性疾患を研究されているアカデミアの先生を対象に核酸試薬を無償提供しています。

詳しくは、NATiASの取り組みをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です